作り方が良ければ、その結果作られるソフトウェアの品質も良い

プロセス改善は進んでいますか?

品質の良いソフトウェアを開発するためには、ソフトウェアの「作り方」を良くする必要があります。現状の作り方を変えるためには、開発現場の努力が必要です。 しかし、現在のソフトウェア開発の現場では、ソフトウェア開発技法の進化やソフトウェアの短納期化により、派生開発・分散開発・アジャイル開発などの さまざまな開発への対応が必要となっています。開発現場が多忙では改善活動に着手する余裕がありません。そのような多忙な現場において、プロセス改善を実施するためのノウハウをご紹介します。

更新情報

2013年8月14日 ページをリニューアルしました